2013年07月07日の投稿

2013-07-07

冬場の乾燥時期に髪がパサパサする対策

冬場は、手足が乾燥しやすくがさがたいなりますが、同時に髪の毛もパサパサになります。
だいたい湿度が、 20%ほどになってくると、人間の体は水分を失っていきます。

なので、このような冬場の乾燥時期に髪の毛がパサパサする問題を
どのように解決すれば良いのかについて話させていただきます。


<髪の毛が乾燥するとパサパサする理由>

健康な髪の毛には大体、 12%ほどの水分があると言われています。
これが、冬場の乾燥時期に約7%ほどに落ち込むことがあります。
すると、髪の毛を被っているキューティクルがはがれてしまい、髪の毛が
パサパサの状態になってしまうと言うわけです。


<頭皮の乾燥による髪の毛の影響>

また、人間の頭皮を覆う角質層は、約15%ほどの水分を保持しており、
外からの刺激を防ぐ、バリアの働きをしています。

角質層に含まれる、水分が極端に少なくなると、頭皮自体も乾燥をしてしまいます。
この乾燥した頭皮が、髪の毛に影響を与えパサパサになってしまうと言うわけです。

またこの頭皮の乾燥はフケとなって現れるため、衛生的にも良くないです。
よく、肩にフケなどが余ってしまう方が多いですが、このような方はそのままほって
おくと、抜け毛薄毛の原因とあることがあります。

髪の毛の乾燥は、毛根に影響与えていないですが、頭皮の乾燥は毛根にダイレクトに
与えているので、注意が必要となります。



<頭皮を乾燥から守るにはどうすれば良いか>

これは冬場であれば、加湿器を使うことをおすすめします。
加湿器を使って、ある程度の湿度を保っていれば、風邪の予防にもなりますし、
同時に、髪の毛のキューティクルを守ることにもなります。

乾燥すると静電気をおきますが、静電気には数万ボルトの電流が流れています。
その静電気が髪の毛のキューティクルを壊すこともあるので、静電気が流れにくい
ブラシを使うなど工夫をしてみてください。

さらに、乾燥時期に頭皮から皮脂がでてきますが、過剰に皮脂を取りすぎてしまうことがあります。
そのような場合は、適切な育毛シャンプー等を使って過剰に皮脂を取りすぎないようにしてください。

またシャンプーは、1日1回でよいと思います。

あまりシャンプーをしすぎると、余計に頭皮が乾燥してしまい髪の毛にダメージを与えるやすくなります。
それと、ドライヤーなどによる頭皮の乾燥もありますので、ドライヤーで乾かし過ぎないようにご注意ください。

それと、ホホバオイルなど、昔から髪の毛によいとされるオイルを使うことも乾燥から守る
秘訣です。ホホバオイルは、劣化しないとも言われていますのでぜひ使ってみてください。
インディアンのように
髪の毛を艶やかにしてくれる効果があります。

女性の方で薄毛でお悩みの方へ
女性におすすめの育毛・発毛用品をご紹介します。